\フリーローンおすすめ1位/

トップページ > 北海道 > 名寄市 > フリーローンで20万円だけ借りたい

「すぐに借りたいけどフリーローンってよくわからない!」
「今日中にスマホで借り入れできるの?」

当サイトでは北海道名寄市周辺で今すぐお借り入れをご検討中の方に、スマホでも対応できる人気のフリーローンをご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査に対応している大手消費者金融(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
フリーローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「職場にバレたくない」「家族にバレたくない」とお悩みの方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

北海道名寄市の借り入れはこちら

アコム 名寄むじんくんコーナー
〒096-0014 08:00 - 22:00
北海道名寄市西四条南6丁目18
プロミス 40号線名寄自動契約コーナー
〒096-0014 09:00 - 21:00
北海道名寄市西4条南6-12

借り入れの基礎知識コラム

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。


中小貸金業者一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小貸金業者の一覧になります。
大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス