\フリーローンおすすめ1位/

トップページ > 北海道 > 名寄市 > スマホで借りれるフリーローン

「すぐに借りたいけどフリーローンってよくわからない!」
「今日中にスマホで借り入れできるの?」

当サイトでは北海道名寄市周辺で今すぐお借り入れをご検討中の方に、スマホでも対応できる人気のフリーローンをご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査に対応している大手消費者金融(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
フリーローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「職場にバレたくない」「家族にバレたくない」とお悩みの方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

北海道名寄市の借り入れはこちら

アコム 名寄むじんくんコーナー
〒096-0014 08:00 - 22:00
北海道名寄市西四条南6丁目18
プロミス 40号線名寄自動契約コーナー
〒096-0014 09:00 - 21:00
北海道名寄市西4条南6-12

借り入れの基礎知識コラム

人気が高い金融機関の理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。


中小貸金業者一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小貸金業者の一覧になります。
大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス